miyamura-lab

アニメ

【呪術廻戦考察】東堂葵の術式”不義遊戯”の強さを解説する【最新話ネタバレあり】

術式に限った話をすると、”不義遊戯”というのは東堂葵が強いから強いようにみえるが、実際に術式の格で話せば相当下のランクに位置付けられる。今回はその不義遊戯の強さ・弱さについて解説していこうと思う。”不義遊戯”とは京都校の1級術師・東堂葵の術式。
アニメ

【呪術廻戦考察】東堂葵という化け物級呪術師の強さを解説する【最新話ネタバレあり】

呪術師の中でも東堂葵は作中きっての強さを誇る。新宿での最終決戦では前線を退いており、乙骨や九十九といった特級の活躍や秤の登場、禪院真希の覚醒。強さのインフレが起こった中で、前線での活躍が見られない東堂は過小評価されつつあると思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】『呪術廻戦』における戦いで勝敗を分ける法則【最新話ネタバレあり】

『呪術廻戦』では予想がつかない展開が特徴的である。しかしながら、繰り広げられる死闘には法則があることをご存じだろうか。今回は勝敗を分ける法則について解説してみようと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】日車寛見と宿儺の戦闘に関する考察【最新話ネタバレあり】

最終局面にて宿儺の前に虎杖とともに現れた日車寛見。そんな日車の術式が宿儺に対して有効なのかについて考察していこうと思う。実は虎杖との戦闘を行ったものの、細かい部分までは明らかになっていない。現状で明らかな点は、日車の術式の核となるものが「裁判」であるということだ。
アニメ

【呪術廻戦考察】虎杖悠仁に刻まれる術式は”解”や”捌”ではないという考察【最新話ネタバレあり】

今回は虎杖悠仁に刻まれるとされていた術式について考えてまず虎杖には先天的な術式を持っていないことは第2巻時点で五条の口から明らかにされている。  五条悟がもつ六眼は対象の術式を看破すると公式ファンブックにて語られていることから、この時点で虎杖悠仁が術式を保有していないことは確実だろう。
アニメ

【呪術廻戦考察】羂索が死ぬことで呪霊が解放される危険性【最新話ネタバレあり】

羂索が持つ”呪霊操術”について、羂索が倒された場合のシナリオについて考えてみようと思う。まず初めに”呪霊操術”という術式について解説していこうと思う。この術式は夏油傑が持っていた術式である。能力としては「降伏した呪霊を取り込み自在に操る」というものだ。
アニメ

【呪術廻戦考察】羂索の相手に高羽史彦が選出された理由【最新話ネタバレあり】

今回は「羂索の相手に高羽史彦が選出された理由」について考察してい行こうと思う。高羽史彦は”死滅回游”編より登場した人物である。羂索によって選出され、術式を使用できるようになった覚醒タイプの泳者。彼が持つ術式「超人」は作中でも「高羽が”ウケる”と確信した想像を実現させる五条悟にも対抗出来うる術式」と称されている。
アニメ

【呪術廻戦考察】禪院真希がもつ釈魂刀は重要な呪具かもしれない【最新話ネタバレあり】

今回取り上げる題材は禪院真衣が真希に遺した「釈魂刀」という呪具について考えてみようと思う。死滅回游が始まり、荒れに荒れた呪術界。 五条悟が封印されたことにより、禪院家当主に選出される。伏黒が当主に選出されたことで、高専陣は呪具が多く眠る禪院家の忌庫を利用できるようになる。
マンガ

【呪術廻戦考察】羂索は何故宿儺を「獄門彊が失敗したときの代案」としたのか【最新話ネタバレあり】

ジャンプ本誌では少しずつ羂索や宿儺について明らかになってきている。そんななかで今回注目したいのが、下記の宿儺のセリフである。「好きにするといい。私にとって宿儺は獄門彊が失敗した時の代案に過ぎない」最近になってこのセリフの意味合いが大きく変わったことに気付いたので、こちらを掘り下げて話してみようと思う。
マンガ

【呪術廻戦考察】伏黒恵は自分自身の体を取り戻すことができるのか【最新話ネタバレあり】

最新話第237話「人外魔境新宿決戦⑭」にて、平安時代の姿を取り戻した宿儺。これにより伏黒恵としての容貌は失われてしまったが、私はもう戻れないとは考えていない。今回は伏黒恵が自分自身の体を取り戻す方法と題して考察を進めていこうと思う。