アニメ

アニメ

【呪術廻戦考察】高専・宿儺戦の戦術・戦略に関する評価【最新話ネタバレあり】

インターネット上では『呪術廻戦』最終章における評価は2分化しつつある。 最終章である宿儺戦がつまらないという批判が多いことが原因である。今回は高専側が用意していた宿儺戦の施策について考察していこうと思う。宿儺戦における一番の問題点は宿儺の実力を推し量る物差しがないということである。
アニメ

【呪術廻戦考察】「簡易領域」「領域展延」の違いに関する解説と考察【最新話ネタバレあり】

本誌最終決戦にてかなりの重要度を誇る”簡易領域”と”領域展延”。要件が複雑になり、できること・できないことが曖昧になりつつあるため、一度ここで作中の情報を整理し解説していこうと思う。そのうえで応用方法などについても考察していく。
アニメ

【呪術廻戦考察】虎杖悠仁がつまらないと評価を受ける理由【最新話ネタバレあり】

今回の議題は宿儺が虎杖悠仁に対し、異常なまでに低い評価を下していることに関してである。呪術師として著しい成長を遂げ、1級術師と遜色がないようにみえるが「つまらない」と言われ続けてしまう。虎杖悠仁が「つまらない」と評価を受ける理由について掘り下げて考察していこうと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】日下部篤也という謎の人物についての考察【最新話ネタバレあり】

以前、術師にとって必要な能力として「術式」が重要であることを取り上げていた。その中で術式自体が決して強くはない東堂葵の化け物っぷりについて解説記事を書いた。一方で、その術式すらもたないながら1級術師まで成り上がった日下部篤也という人物がいるのだ。今回は日下部篤也について考えてみようと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】東堂葵の術式”不義遊戯”の強さを解説する【最新話ネタバレあり】

術式に限った話をすると、”不義遊戯”というのは東堂葵が強いから強いようにみえるが、実際に術式の格で話せば相当下のランクに位置付けられる。今回はその不義遊戯の強さ・弱さについて解説していこうと思う。”不義遊戯”とは京都校の1級術師・東堂葵の術式。
アニメ

【呪術廻戦考察】東堂葵という化け物級呪術師の強さを解説する【最新話ネタバレあり】

呪術師の中でも東堂葵は作中きっての強さを誇る。新宿での最終決戦では前線を退いており、乙骨や九十九といった特級の活躍や秤の登場、禪院真希の覚醒。強さのインフレが起こった中で、前線での活躍が見られない東堂は過小評価されつつあると思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】『呪術廻戦』における戦いで勝敗を分ける法則【最新話ネタバレあり】

『呪術廻戦』では予想がつかない展開が特徴的である。しかしながら、繰り広げられる死闘には法則があることをご存じだろうか。今回は勝敗を分ける法則について解説してみようと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】日車寛見と宿儺の戦闘に関する考察【最新話ネタバレあり】

最終局面にて宿儺の前に虎杖とともに現れた日車寛見。そんな日車の術式が宿儺に対して有効なのかについて考察していこうと思う。実は虎杖との戦闘を行ったものの、細かい部分までは明らかになっていない。現状で明らかな点は、日車の術式の核となるものが「裁判」であるということだ。
アニメ

【呪術廻戦考察】虎杖悠仁に刻まれる術式は”解”や”捌”ではないという考察【最新話ネタバレあり】

今回は虎杖悠仁に刻まれるとされていた術式について考えてまず虎杖には先天的な術式を持っていないことは第2巻時点で五条の口から明らかにされている。  五条悟がもつ六眼は対象の術式を看破すると公式ファンブックにて語られていることから、この時点で虎杖悠仁が術式を保有していないことは確実だろう。
アニメ

【呪術廻戦考察】羂索が死ぬことで呪霊が解放される危険性【最新話ネタバレあり】

羂索が持つ”呪霊操術”について、羂索が倒された場合のシナリオについて考えてみようと思う。まず初めに”呪霊操術”という術式について解説していこうと思う。この術式は夏油傑が持っていた術式である。能力としては「降伏した呪霊を取り込み自在に操る」というものだ。