五条悟

アニメ

【呪術廻戦考察】高専・宿儺戦の戦術・戦略に関する評価【最新話ネタバレあり】

インターネット上では『呪術廻戦』最終章における評価は2分化しつつある。 最終章である宿儺戦がつまらないという批判が多いことが原因である。今回は高専側が用意していた宿儺戦の施策について考察していこうと思う。宿儺戦における一番の問題点は宿儺の実力を推し量る物差しがないということである。
アニメ

【呪術廻戦考察】『呪術廻戦』における戦いで勝敗を分ける法則【最新話ネタバレあり】

『呪術廻戦』では予想がつかない展開が特徴的である。しかしながら、繰り広げられる死闘には法則があることをご存じだろうか。今回は勝敗を分ける法則について解説してみようと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】日車寛見と宿儺の戦闘に関する考察【最新話ネタバレあり】

最終局面にて宿儺の前に虎杖とともに現れた日車寛見。そんな日車の術式が宿儺に対して有効なのかについて考察していこうと思う。実は虎杖との戦闘を行ったものの、細かい部分までは明らかになっていない。現状で明らかな点は、日車の術式の核となるものが「裁判」であるということだ。
アニメ

【呪術廻戦考察】羂索の相手に高羽史彦が選出された理由【最新話ネタバレあり】

今回は「羂索の相手に高羽史彦が選出された理由」について考察してい行こうと思う。高羽史彦は”死滅回游”編より登場した人物である。羂索によって選出され、術式を使用できるようになった覚醒タイプの泳者。彼が持つ術式「超人」は作中でも「高羽が”ウケる”と確信した想像を実現させる五条悟にも対抗出来うる術式」と称されている。
マンガ

【呪術廻戦考察】羂索は何故宿儺を「獄門彊が失敗したときの代案」としたのか【最新話ネタバレあり】

ジャンプ本誌では少しずつ羂索や宿儺について明らかになってきている。そんななかで今回注目したいのが、下記の宿儺のセリフである。「好きにするといい。私にとって宿儺は獄門彊が失敗した時の代案に過ぎない」最近になってこのセリフの意味合いが大きく変わったことに気付いたので、こちらを掘り下げて話してみようと思う。
マンガ

【呪術廻戦考察】五条悟が敗北するという伏線【最新話ネタバレあり】

今回は五条悟と両面宿儺の勝敗についての伏線について考えてみよう。欠かすことができないのは羂索という存在である。羂索は遅くとも平安時代から生き延び、1000年以上も術師を続けている。その長い年月をかけて死滅回游の泳者を集め続けており、ようやく現代で死滅回游というゲームを開催するに至っている。
マンガ

【呪術廻戦考察】五条悟が死から復活する可能性【最新話ネタバレあり】

WJ本誌にて宿儺に敗北した現代最強の呪術師・五条悟。  今回はそんな五条が死から復活を遂げる可能性について考察していこう...
マンガ

【呪術廻戦考察】五条悟と禪院真希の関係性について

私が五条悟を好きな理由な一つは、家系で選ばないという視点を持っているところだ。御三家の一角である五条家に生まれ、無下限呪術と六眼という数百年ぶりに生まれた才覚をもち、既得権益の巣窟であろうなかで20代にして五条家の当主に選ばれている。いわば選ばれるべくして選ばれた存在であり、現代最強の呪術師である五条悟。
アニメ

【呪術廻戦考察】『五条vs禪院甚爾と領域展開』【本誌ネタバレあり】

懐玉・玉折編における禪院甚爾との戦闘では、反転術式を覚えることで窮地を脱することができた五条悟。このとき五条はその当時に領域展開を使えなかったのか、あえて領域展開を使わなかったのか。このあたりの考察をしていこうと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】『パンダと3つの魂による観測/さしす組』【最新話ネタバレあり】

今回は少しだけ趣向を変えた記事を綴っていこうと思う。着目したいのはパンダという存在である。パンダはお兄ちゃんとお姉ちゃんという3つの魂が互いを観測し合うことで安定している。この3つの魂で観測し合うということは高専生に必要なもののメタファーではないだろうか。本記事はそんな考察を行うものである。