六眼

マンガ

【呪術廻戦考察】羂索は何故宿儺を「獄門彊が失敗したときの代案」としたのか【最新話ネタバレあり】

ジャンプ本誌では少しずつ羂索や宿儺について明らかになってきている。そんななかで今回注目したいのが、下記の宿儺のセリフである。「好きにするといい。私にとって宿儺は獄門彊が失敗した時の代案に過ぎない」最近になってこのセリフの意味合いが大きく変わったことに気付いたので、こちらを掘り下げて話してみようと思う。
マンガ

【呪術廻戦考察】五条悟が敗北するという伏線【最新話ネタバレあり】

今回は五条悟と両面宿儺の勝敗についての伏線について考えてみよう。欠かすことができないのは羂索という存在である。羂索は遅くとも平安時代から生き延び、1000年以上も術師を続けている。その長い年月をかけて死滅回游の泳者を集め続けており、ようやく現代で死滅回游というゲームを開催するに至っている。
アニメ

【呪術廻戦考察】『宿儺は魔虚羅に無量空処をどう適応させたか』【本誌ネタバレあり】

ジャンプ本誌では常に見せ場を見せ続ける五条悟vs両面宿儺。今回は「宿儺は魔虚羅に無量空処をどう適応させたか」について考えてみていこうと思う。ざっくりと解説すると魔虚羅とは伏黒恵の術式・十種影法術にて使役できる式神のひとつである。敵の攻撃を分析することで耐性と有効打を身に着けるという力をもつ。