虎杖悠仁

アニメ

【呪術廻戦考察】虎杖悠仁がつまらないと評価を受ける理由【最新話ネタバレあり】

今回の議題は宿儺が虎杖悠仁に対し、異常なまでに低い評価を下していることに関してである。呪術師として著しい成長を遂げ、1級術師と遜色がないようにみえるが「つまらない」と言われ続けてしまう。虎杖悠仁が「つまらない」と評価を受ける理由について掘り下げて考察していこうと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】日車寛見と宿儺の戦闘に関する考察【最新話ネタバレあり】

最終局面にて宿儺の前に虎杖とともに現れた日車寛見。そんな日車の術式が宿儺に対して有効なのかについて考察していこうと思う。実は虎杖との戦闘を行ったものの、細かい部分までは明らかになっていない。現状で明らかな点は、日車の術式の核となるものが「裁判」であるということだ。
アニメ

【呪術廻戦考察】虎杖悠仁に刻まれる術式は”解”や”捌”ではないという考察【最新話ネタバレあり】

今回は虎杖悠仁に刻まれるとされていた術式について考えてまず虎杖には先天的な術式を持っていないことは第2巻時点で五条の口から明らかにされている。  五条悟がもつ六眼は対象の術式を看破すると公式ファンブックにて語られていることから、この時点で虎杖悠仁が術式を保有していないことは確実だろう。
マンガ

【呪術廻戦考察】羂索は何故宿儺を「獄門彊が失敗したときの代案」としたのか【最新話ネタバレあり】

ジャンプ本誌では少しずつ羂索や宿儺について明らかになってきている。そんななかで今回注目したいのが、下記の宿儺のセリフである。「好きにするといい。私にとって宿儺は獄門彊が失敗した時の代案に過ぎない」最近になってこのセリフの意味合いが大きく変わったことに気付いたので、こちらを掘り下げて話してみようと思う。
マンガ

【呪術廻戦考察】伏黒恵は自分自身の体を取り戻すことができるのか【最新話ネタバレあり】

最新話第237話「人外魔境新宿決戦⑭」にて、平安時代の姿を取り戻した宿儺。これにより伏黒恵としての容貌は失われてしまったが、私はもう戻れないとは考えていない。今回は伏黒恵が自分自身の体を取り戻す方法と題して考察を進めていこうと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】『虎杖の役割と兄弟たち』【本誌ネタバレあり】

宿儺が伏黒の肉体を奪ってから何者でもなくなった虎杖であるが、今回はそんな虎杖の役割と兄弟という視点で考えてみよう。まずは虎杖悠仁という人物の役割について振り返ろう。結論から述べると、虎杖悠仁は羂索によってつくられた存在であると私は考えている。
アニメ

【呪術廻戦考察】『両面宿儺の魂と伏黒恵の肉体/オガミ婆の降霊術』【最新話ネタバレあり】

絶賛連載中の『呪術廻戦』。その中でも読者を沸かすものは「五条悟は両面宿儺に勝てるのか」という部分であろう。今回はその勝負の行方を左右するであろう「両面宿儺の魂と伏黒恵の体」というテーマで考えてみようと思う。
アニメ

【呪術廻戦考察】『肉体と魂の関係性』【最新話ネタバレあり】

『呪術廻戦』において、ところどころで登場する”肉体”と”魂”についての関係性。おそらく、伏黒恵の体を取り戻すためにも必要な情報になるのは間違いない。今回は自分なりの考察を進めていこうと思う。何となくで流していた方も多いかと思うが、この肉体と魂というものは大きなキーワードであると考える。
マンガ

【呪術廻戦考察】『虎杖悠仁の正体と播磨国の関係性』【最新話ネタバレあり】

今回はゆったりと『呪術廻戦』の考察をしていこうと思う。テーマは「虎杖悠仁と播磨国の関係性」である。播磨国は現在の兵庫県・南側に位置する地域。この議題を持ちいた理由は、下記の発言に由来する。この発言から宿儺は”播磨国に関係する誰か”と”虎杖悠仁”の容姿が似ていることを示している。
マンガ

【呪術廻戦考察】『宿儺と受肉の必要性について』【最新話ネタバレあり】

本誌では佳境を迎えている『呪術廻戦』。今回は宿儺と受肉の必要性というテーマでの考察をしていこうと思う。まず宿儺に受肉が必要であったかどうかについて考えてみよう。受肉した死滅回遊の泳者をみると、基本的には目的があって受肉に基づく契約を行っている。